●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○●
● やさしく学ぶマネジメント 〜 利益向上のヒント満載 〜

 ( ^o^)y 良いリーダーシップを発揮できる人とは?


───────────────────── 2007年05月31日 [第064号] ─

 [本日の読者様] 454名(mag2:391/melma:32/melten:31)
 [ホームページ] http://future-maps.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

 [目次]

 ・良いリーダーシップを発揮できる人とは?
 ・経営者のリーダーシップ

───────────────────────────────────

 [今週のコーナー]

 ・今日のちょいネタ 〜身近で見つけたちょっと気になるマネジメント〜
 ・今日の現場 〜現場のちょっと泥臭いお話〜
 ・与太郎さんのおすすめ書籍・メルマガ

 [お休みのコーナー]

 ・読者の皆様 〜ちょっと素敵なお便り〜
 ・知ったかぶりネタ教えます 〜ご隠居さんのちょいといい話〜
 ・八っつあん熊さんにも分かる 基本のき 〜ISOのお噺(はなし)〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ イントロだぁ〜くしょん!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チキチャンリンチャンリン。ドドン!

え〜。毎度お運び頂きましてありがとうございます。

仕事の質改善コンサルタントの大日向礼子です。

前回のメルマガで,ISOの生い立ちのようなことを書きました。
ISOに途中から携わった方は,どのような経緯でISO9001が出来て,ISO9004が
出来たか分かりません。分からなくても別段困りませんし…。

しかし,出生を知ると,また見方も変わったり,ISO9001が要求している意図
も分かったりと,規格に愛着(?)も沸くのではないでしょうか?

メルマガ読者から,生い立ちが分かって面白かったという感想を戴きました。
ただ規格要求だからと機械的に処理するのではなく,背景を知ると,自分たち
のシステム構築にも役立つと思いますよ。

さて今回は,前々回までお話してきたリーダーシップの続きをお話しします。

今回も,皆様と一緒に「仕事の質改善」のヒント分け合います。

それでは,元気にいってみましょ〜!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のちょいネタ 〜身近で見つけたちょっと気になるマネジメント〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●良いリーダーシップを発揮できる人とは?


前回までで,リーダーシップのメリット,原則,自分のリーダーの型などを,
お話ししました。

そこで今回は,良いリーダーシップを発揮できる人とは?を考えて見ましょう。

いろいろなリーダーを見てきた私がまとめた,良いリーダーの条件は,

◎何事に対しても正直である人
リーダーは,自分の弱いところも部下に全て見せてこそ,皆の協力が得られる。
コミュニケーションは,上司が意図的に部下に働きかけていかないとうまく
進展しない。
コミュニケーションがうまくいかない原因を部下に責任転嫁してはいけない。
 
◎いつでもポジティブに考えられる人
失敗して落ち込んでいてもポジティブな思考ができること。
常に前を見て進んで行く姿に,部下は安心感を覚える。

◎目標を掲げてマネジメントできる人
リーダーは,明確な目標を持っている姿を部下に示すことでリーダーシップが
生まれる。目標は具体的数値で示すことにより,達成度が測定できる。
そして,目標に向かって自ら率先垂範する。

特に経営層であるトップマネジメントは,目標を掲げてマネジメントすること
が非常に大事なファクターとなります。

よく目にするのが,トップが何をしたいのか,従業員から良く見えない。
目標は立てたものの玉虫色で,現実目指すべき目標とは思えない。
などです。

このような場合は,いくらリーダーシップを発揮しようと思っても,部下は,
どこに向かっていったら良いか分かりませんし,遥か彼方の目標を立てられて
も,それを達成しようと頑張ることは出来ません。
まず,諦めるか,リーダー自身を相手にしない,当てにしないというように
なると思います。

皆さんの身の回りのリーダー,自身のリーダーとしての姿を思い浮かべてくだ
さい。どうでしょうか?

自分の使命を認識して明確なミッションを持ち,目標を立てて進んで行く。 
自分を信頼している部下がともに歩んでくれる。 
こういう組織が作れたならば,組織のメンバーは,そのリーダーを認めてくれ
ていると思います。

そのためにも,日々コーチングの考えを頭において,部下の話を聴くときは,
自分の意見を押し付けない,部下から答えやヒントを導き出す,同じ目線で
話を聴くなどの姿勢が大切です。

自分の進む方向が違っていたら朝礼暮改大いに結構だと思います。
間違っていたら謝り改善すればいいのです。

リーダーは間違いがあってはならないと勘違いし,薄々間違いに気付いていて
も方向転換をしないで我を張る人がいますが,それをやると泥縄状態です。

そういう姿をリーダーが部下に見せていますと,間違いやミスを上申できない
職場になってしまい,隠ぺい体質が根付いてしまいます。

間違いは隠さない。むしろ堂々と皆に言える。
そういう環境作りもリーダーの仕事であると思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日の現場 〜現場のちょっと泥臭いお話〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経営者のリーダーシップ


経営者のリーダーシップを格好よく言葉で表してみると,
「社員にゴールを示し率先垂範でコミット達成に邁進する」でしょう。

ゴールというのは,経営方針,経営目標などです。
(もちろん,その会社のあるべき姿や長期ビジョンもゴールという位置付け
ですが,ここでは短期ビジョンについて話をします。

経営者のリーダーシップで大切なことは,ゴールを決めて示すことです。
これは,「経営者が『コミット』している。」という姿なのです。

コミットは,コミットメントのことで,ゴーん氏でだいぶ有名になりました
のでご存知でしょうが,「強い約束」を意味します。

経営者だからといって,技術の会社なら社員より誰より詳しくないといけない
とか,何か決定するのは,全部自分が把握していないといけないとか,そんな
ことはないのです。ここを勘違いされる方が結構いらっしゃいます。

経営者は,ゴールを明確に設定して,そこへ社員がどうやって進んでいくかの
道筋をつけてあげればいいのです。
低迷している会社は,たいてい社長が自分の言葉で何をしたいか語れていない
という場合が多いと思います。

それは,アニュアルレポートをいろいろ見てみると,社長のリーダーシップの
度合いが分かるでしょう。

話を戻して,
道筋をつけるとは「目標設定により活動の組織・個人のベクトルを合わせる」
ということです。

従業員のベクトルが一致しているということが経営にとって大事なわけです。
(ゴールを従業員に示している。向かうところが明確)

そして,ゴールに向かってやる気にさせる,士気(モラール)を高めるマネジ
メントが必要なのです。

組織と個人のベクトルがあうと,社員のモティベーションも高くなり,自律型
社員を育成しやすくなります。
会社にとってこんな素敵なことはないですよね!


繰り返しますが,組織のベクトルと,個人のベクトルをあわせるのはとっても
大切なことです。

どんなに優秀な人でも,組織が目指すものと,個人が目指すものが異なって
いれば,それは,会社に合わない,組織にあわないという結果となり,会社に
とっては優秀な人ではないわけです。
最悪のリスクは,本人が退職してしまう結果を招きます。

そうならないためにも,トップマネジメントは,きちんとゴールを提示して,
組織と個人のベクトルを合わせる意識をもって実行に移すことです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 与太郎さんのおすすめ書籍・メルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブライアン・トレーシーって聞いたことありますか?
”販売心理学の神様”と呼ばれ,世界No.1のオーディオ学習プログラムの
プロデューサーとしても有名です。セミナー講師時の時給はなんと3千万円!
こんな超成功者を始め,3日でサラリーマンの生涯所得を稼いでしまうと言わ
れている金持ち父さんのロバート・キヨサキ等世界の超成功者達のために
なる語録を3日おきに配信してくれる無料のメルマガがあるんです。

『ブライアン・トレーシー等超成功者達に学ぶ365日語録』
http://blog.livedoor.jp/sky55quest77com/?blog_id=2320646

そして【無料】モニターも条件付でプレゼント中です。
http://takeshi1.s172.xrea.com/skyquestjyuku-movie/

☆プレゼントは,ブライアン・トレーシー,ロバート・キヨサキ,
アントニオ猪木,ジョン・グレイなどの講演会『無料ビデオ』です。

詳細はブログで↓
http://blog.livedoor.jp/sky55quest77com/?blog_id=2320646


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もう5月の終わりですね。
5月は,夏のような暑さが続いたり,急に寒くなったりと,体調管理をするの
に大変だったのではないでしょうか。

そういう私もお腹をこわして大変でした。
電車に乗っていたり,会議をしていて,お腹がキュルキュルと痛くなるんです
よね…。とても辛いです。

それでもって,お通じが良くなるお茶を飲んでしまった日にゃ〜もう大変…。
先日も電車の乗換えでダッシュしている人をかき分け,違う方向にダッシュ
している私がいました…。あ〜。情けない限りです。

おあとがよろしいようで。。。


デデン! 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ やさしく学ぶマネジメント 〜利益向上のヒント満載〜
───────────────────────────────────

[編集・発行]フューチャーマップス http://future-maps.com

[発行責任者]大日向礼子(仕事の質改善コンサルタント)

[お問合せなど]info@future-maps.com

[ご登録・解除]http://future-maps.com/melmaga.htm

[メルマガ広告]http://future-maps.com/advertisement.htm

───────────────────────────────────

〓 メール登録者限定でお読みいただけるページ 〓

 http://future-maps.com/member
 ID:****** PW:******(メルマガに掲載)

───────────────────────────────────
* 本メールマガジンの無断転載は禁止します。ご利用の際はご連絡下さい。
 転送はご自由です。その際は内容を変えずにこのままお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(C) 2003-2007 Future MaPS All rights reserved.