●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○●
● やさしく学ぶマネジメント 〜 利益向上のヒント満載 〜

 ( ^o^)y あなたは部下の話を聞いてあげられますか?


───────────────────── 2005年11月17日 [第040号] ─

 [本日の読者様] 487名(mag2:420/melten:36/melma:31)
 [ホームページ] http://future-maps.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

 [目次]

 ・あなたは部下の話を聞いてあげられますか?(コーチングのお話)
 ・内部監査お助けツール(part1:内部監査員の質チェック)

───────────────────────────────────

 [今週のコーナー]

 ・今日のちょいネタ 〜身近で見つけたちょっと気になるマネジメント〜
 ・与太郎さんのおすすめ書籍・メルマガ

 [お休みのコーナー]

 ・読者の皆様 〜ちょっと素敵なお便り〜
 ・今日の現場 〜現場のちょっと泥臭いお話〜
 ・八っつあん熊さんにも分かる 基本のき 〜ISOのお噺(はなし)〜
 ・知ったかぶりネタ教えます 〜ご隠居さんのちょいといい話〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ イントロだぁ〜くしょん!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チキチャンリンチャンリン。ドドン!

え〜。毎度お運び頂きましてありがとうございます。

仕事の質改善コンサルタントの大日向礼子です。

先日,すごく久しぶりに上野動物園に行きました。
子供がパンダを見たことがないというので,やはり本物の生きたパンダを見せ
たいと思いました。
絵本やテレビを見て得た知識と,本物を見たときでは感激も違います。

会社でも同じです。
机上で理論を展開しているより,OJTで仕事のやり方を見るとか,
疑問を自分で解決する方が成長します。

この時,疑問に自分で答えを探せるように導いて上げるのは上司の仕事です。

子育てと一緒で放任教育では駄目で,適切なコーチングが必要なのです。
親が子供に取る行動と同じです。

部下も自分の子供だと思って接すれば,必ず伸びます。
部下が自分の子供だなんて嫌だぁと思わないで下さい。仮の話ですから…。


今回も「仕事の質改善」のヒント分け合いましょう。

それでは,元気にいってみましょ〜!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のちょいネタ 〜身近で見つけたちょっと気になるマネジメント〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●あなたは部下の話を聞いてあげられますか?(コーチングのお話)


今回は,コーチングの話からスタートしました。

ISO 9001では,「6.2.2 力量,認識及び教育・訓練」で
 「 b) 必要な力量が持てるように教育・訓練し,又は他の処置をとる。」
と要求しています。

コーチングは,「必要な力量が持てるように教育・訓練」するひとつの手段
として有効です。
良くOJT教育の必要性が言われますね。
OJTの良さを生かすには,指導側には,コーチングスキルが必要です。


こんな例に出くわしたことがあります。

ある偉い人の席の前に,設計者がクビを少し下げてじっと立っていました。

これは,設計ミスにより,市場に出ている商品に改修をかけるための修理費用
申請の際のことです。

すごい,勢いでまくし立てられていて,結局,設計の担当者は,聞かれたこと
だけ,ぽつぽつ話し,申請書にサインをもらってその場を去りました。


仕事としては,修理費用を湯水のように使うのは間違いなので,申請理由の
正当性や金額など知る必要は,もちろんあります。

一般職みんなにも聞こえるように,大声で話している偉い人は,
別に,怒鳴っていたわけでも,怒っていただけでもなく,普段の勢いが加速
した状態で,設計者と接していたようですが…。

声に迫力があるその方の前に立っている人は,傍から見ると,
気持ちはすっかりブルーな感じがしました。(^^;


よく,上下のコミュニケーションといいますが,
ときには怒るのも必要と思いますが,上下であるからには上司部下の力関係は
絶対あるわけで,横並びのフレンドリーな関係にはなり得ないのです。

そこを,分かって上手く叱ることが必要です。
叱り上手は,コーチングの上級者なのではないでしょうか?


イソップ物語の,北風と太陽を思い浮かべて下さい。
旅人のコートは,太陽が脱がしましたよね。風で吹き飛ばそうとしてもより
かたくなにコートを押えるだけです。

部下に,自分の失敗を思い知らせ落ち込ませために叱るのではありません。

自分で気づかせ,その失敗を繰り返さないように,親心として教えてあげる
のです。そういう気持ちで叱らないと駄目です。

権力を誇示している叱咤はもってのほかです。


自分の失敗に気づくような問いかけをして不足部分に気が付けば,次に部下は,
もっと良くなっているはずです。

問いかけるというのは,コーチングの基本です。
最初は難しいと思います。

相手の立場になって問いかけてください。
裁判官,警察みたいに質問すると,それは,相手を警戒させる合図になって
しまいます。

態度や言葉使い,語尾などいろんなところに気を使わないと駄目です。

それでないと,部下は出来ない言い訳,失敗した言い訳をして,とりあえず
謝ればいいやという態度を取ります。

これでは,上司は,北風と太陽の「北風」になってしまい,部下は心を閉ざし
ます。よく,悪い話は上に上がらないと言いますが,それが語っています。

話をきちんと聞かないうちに叱り始めてしまうと,そのうち,
いつも,上に上がる情報は,話が丸くなって,悪いところがオブラートに
包まれてしまう(部下がつつんでしまう)ので,上の人は,正しい情報のもと
で,意思決定ができないのです。

上の人には悪い話が伝わらないので,事実や情報をつかめなくなってしまい,
玉虫色の報告しか聞けなくなってしまいます。
そうしている間に,悪い自体が取り返しの付かないことになるのです。

世の中で起きている品質不祥事を見ますと納得できませんか?


ISO 9001に,「6.2 人的資源」 がありますが,これは,作業者のことだけを
言っているのではなく,階層に応じた人的資源の必要性を述べています。

マネージャー層には,それに応じた人員が充てられていればこそ会社がうまく
まわるのです。
叱ることも時には大事ですが,相手が萎縮してはなんにもなりません。

まず話をきいてあげる。コーチングの基本です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 与太郎さんのおすすめ書籍・メルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●内部監査お助けツール(part1:内部監査員の質チェック)


本日のおすすめ書籍・メルマガコーナーは,内部監査ツールをご紹介します。

内部監査員の質について悩んでいる経営者・管理責任者も多いと思います。

私がISO 9001構築,内部監査など,第一者として,また第二者としてベンダー
の活動内容をみていますと,ポイントは“人材”だと確信しています。

内部監査も人材が重要で,監査員は頭数いても大して役に立ちません。
有効性の監査をするためには,やはり“監査員の質”にこだわらないと,今後
の内部監査活動が,尻すぼみになることは明らかです。

 (これは,内部監査に限らず企業活動は全て“人”の良し悪しです。
  10年後,20年後を見て,企業が発展するためにも,“人”の質について
  真剣に考えないとなりません。)

そこで,フューチャーマップスで,
「内部品質監査員セルフチェックグラフ・チェックリスト」を作成しました。
Excelなので難しい入力などは何もありません。

チェックリストは,内部監査員の質についてプルダウンで5段階評価をします。
もちろん回答できない質問にも対応するようNA(ノーアンサー)も選択肢に
加えています。

そして,NAを除いて平均値を計算し,チェックグラフに内部監査員の質を
5つの視点からみたレーダーチャートで書き出します。

内部監査活動の責任者(委員会委員長や事務局など)が,監査員の力量・技術
などを把握したいという場合,ひとりの監査員につき1枚のレーダーチャート
が作れますので,今後どこを伸ばしたいかなどの基礎データにもなります。

PDFでサンプルをご覧戴けます。

http://future-maps.com/iso9000s.htm#sample-1

お気に召しましたら是非使ってみてください。

メルマガ読者様限定で,無料ダウンロードにてご提供させて戴きます。
http://future-maps.com/iso9000s/temp.htm
(12/31まで PW:*****(メルマガに掲載))

ご使用戴いたご意見などを戴けると幸いです。
例えば,チェックリストに付け加えたい質問や不要な質問。カテゴリーの提案
など忌憚ないご意見をお待ち申し上げます。

こんなお助けツールを作って欲しいなどのご要望でも結構です。(^-^)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近,リスクマネジメントの研究会に参加したりしています。

なんでもやりたがりの私は,結構,知らないところにでも一人で参加したり,
知らない人と話をするのにわくわくしたりします。
http://ohinasama.cocolog-nifty.com/hina/2005/11/post_bcdb.html

話は変わって,
先日,あるビジネスマン系のwebで,性格診断テストがあり,知り合いが,
面白いからやってみて!とURLを送ってくれました。

その結果,私の性格は… 「Going my イエ〜イ!」と出ました。
細かい性格診断を見たら,笑っちゃいました。

もちろん,URLを送ってくれた人,周りのひとは,「当たってるー!」という
状態でした。(−−; 私もちょっとは思ったけどね…。

以前,結構信憑性のある,性格分析と適正を発揮する職業・職種のテストを
したことがありますが,今回の結果に,とても良く似ていました。(^^;

私が新しいものや,自分のやったことないことに興味を持ったりするのは,
性格から考えると自然なことなのね〜と,納得。

これからも,迷わず我が道を行けばいいのね!

おあとがよろしいようで。。。


デデン!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ やさしく学ぶマネジメント 〜利益向上のヒント満載〜
───────────────────────────────────

[編集・発行] フューチャーマップス http://future-maps.com

[発行責任者] 大日向礼子(仕事の質改善コンサルタント)

[お問合せなど]info@future-maps.com

[ご登録・解除]http://future-maps.com/melmaga.htm

[メルマガ広告]http://future-maps.com/advertisement.htm

───────────────────────────────────

〓 メール登録者限定でお読みいただけるページ 〓

 http://future-maps.com/member
 ID:****** PW:******(メルマガに掲載)

───────────────────────────────────
* 本メールマガジンの無断転載は禁止します。ご利用の際はご連絡下さい。
 転送はご自由です。その際は内容を変えずにこのままお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(C) 2003-2005 Future MaPS All rights reserved.