●○●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○●
● やさしく学ぶマネジメント 〜 利益向上のヒント満載 〜

 ( ^o^)y 「リーダーの情熱」には企業体質を改善させる力がある


───────────────────── 2005年10月17日 [第038号] ─

 [本日の読者様] 503名(mag2:435/melten:36/melma:32)
 [ホームページ] http://future-maps.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

 [目次]

 ・「リーダーの情熱」には企業体質を改善させる力がある
 ・ISO9000から品質経営へという話
 ・無料メルマガ「ビジネス選書&サマリー」

───────────────────────────────────

 [今週のコーナー]

 ・今日のちょいネタ 〜身近で見つけたちょっと気になるマネジメント〜
 ・知ったかぶりネタ教えます 〜ご隠居さんのちょいといい話〜
 ・与太郎さんのおすすめ書籍・メルマガ

 [お休みのコーナー]

 ・今日の現場 〜現場のちょっと泥臭いお話〜
 ・読者の皆様 〜ちょっと素敵なお便り〜
 ・八っつあん熊さんにも分かる 基本のき 〜ISOのお噺(はなし)〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ イントロだぁ〜くしょん!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チキチャンリンチャンリン。ドドン!

え〜。毎度お運び頂きましてありがとうございます。

仕事の質改善コンサルタントの大日向礼子です。


前回は,自分リスクマネジメントについて,不正事件についての考察と,
統合マネジメントシステムについて,審査登録機関の立場を考察しました。

いつもと,違う毛色のメルマガだったので,違和感を覚えた方もいらっしゃる
と思います。(知りたいネタと違いよ〜。って)
今回は,基本に戻り品質マネジメントに注目します。

最近,言われている「超ISO企業」について一緒に考えてみたいと思います。

今回も「仕事の質改善」のヒント分け合いましょう。

それでは,元気にいってみましょ〜!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今日のちょいネタ 〜身近で見つけたちょっと気になるマネジメント〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「リーダーの情熱」には企業体質を改善させる力がある


最近,TQM9000とか,超ISO企業などという言葉や文字を目にする機会が増えた
とお感じになっている方も多いのではないでしょうか?

これは,ISO9001を取得したが,品質改善につながらない,不良が低減しない,
クレームが減らない,内部監査が形式的になって役に立たない。

などなど…。

ISO9001は取得はしてみたものの,思っていた効果と違うと戸惑っている企業
が多いことのあらわれです。

同時に,ISO9001審査登録を推進する側でも,
第三者認証取得制度のスタートでは思いもよらなかった様々なケースが出てき
て,ISO9001は役立たないという認識のもと,制度自体がネガティブスパイラル
に陥ってしまう…。

これらを,危惧する人・団体が中心となって,TQM9000とか,超ISO企業という
概念を作ったと感じております。


超ISO企業(TQM9000)とは,
「ISO9001で品質が良くならない。でもISOを企業体質の改善につなげたい。」
という期待に答えるための考え方です。

企業体質の改善といえば,JQA(日本経営品質賞)が体質改善に合っている。
という方も多いと思います。

超ISO企業と,JQAは結果的に同じ効果をもたらすと思います。
ISO9001とJQAが異なる点は,ISO9001は道具であり,JQAは尺度(物差し)なの
で,そもそも同じ土俵ではありません。

超ISO企業になるために,ISO9001を使い尽くして効果をあげ,企業レベルを,
JQAで測るというように考えれば良いでしょう。
JQAは漏れなく実に良く出来ています。


では,TQM9000とは何かを考えていきましょう。

そもそも,日本には,TQC(総合的品質管理)という考え方がありました。
TQCを広義に考えたTQMを,日本規格協会では「総合質経営」と表現しています。

これは,Quality=品質と,狭い考え方をしないで,質というのは幅広いという
ことを表現したものです。Qualityの和訳は本来は「質」ですよね。


日本が得意とするお家芸の改善活動と,ISO9001をうまく融合・実践している,
企業は,ISO9001もきちんと経営に役立てて,経営課題を解決しています。

それらの企業をISO専門家達は,「超ISO企業」と呼んでいるだけです。
シンプルに考えた方がいいです。

そう…シンプルに。


ISO9001も,品質マネジメントシステムとの規格名が付いているから,品質だけ
考えれば良いと言うのではなく,シンプル・素直に“経営”を考えると,
品質(Q),コスト(C),納期(D)も考えましょうとなるはずです。

TQM9001ではISO9001の発展でその辺も追加されています。


でも,私的にもっというと(超ISO企業の「TQMの発展表」にはありませんが)
品質(Q),コスト(C),納期(D),安全(S),士気(M),環境(E)
だと思います。

特に,従業員の士気(Morale モラール)は最重要です。

士気とは,文字の通り,「戦いに臨む兵士の意気込み。」です。
また,「集団で事に臨む人々の意気込み・熱意」でもあります。

まさに従業員の意気込み・熱意を高めるために,経営者が何をすればいいのか
を考えて,マネジメントプロセスに落とし込んで実践していることが,
質経営なのではないでしょうか。

一番大切な質は製品の質を左右する人の質です。人材育成は,それこそ肝です。
その肝である,人材育成を牽引するのは「リーダーの情熱」です。


超ISO企業という言葉は個人的に好きではありませんが,
経営品質活動相当の活動を行ってる企業や,顧客満足度No.1獲得企業が,
超ISO企業と考えて良いと思っています。

経営品質活動,顧客満足度No.1獲得企業に共通することがあります。
それは「リーダーの情熱」には企業体質を改善させる力があるということです。


企業体質を改善させる力「リーダーの情熱」を持つ経営者をあげると,
私がお会いした中では,断然,以下のお二人です。

  株式会社 クイーンズ伊勢丹 取締役会長  田村弘一 氏
  千葉ゼロックス株式会社 代表取締役社長 山内優氏

お話を聞くと,同じようなパワーを感じますし,経営手法や実現手段は異なり
ますが,向かいたい方向は同じであることが分かります。

そして何より,業績回復,経営拡大,顧客満足アップ,従業員の信頼獲得など
TQM9001で言われている経営課題はみんなクリアされていますし,
企業体質を改善前後の従業員のモラールの差は歴然です。

そして何より,凄く偉いのに,身近に感じさせる術を持ち合わせていることには
驚きました。偉ぶる素振りがないのです。
私には,お二人とも同じオーラを出していると感じられました。
語り口調も熱いんです。


超ISO企業は,ISO9001の発展系TQM9001ということになっています。
しかし,ISOを取得していようがいまいが関係なく要は,発展系のTQMに向かう
ためにも,トップの「リーダーの情熱」が不可欠だということです。

付け足しますと,いずれのやり方でも,プロセスマネジメントをしている訳で,
ビジネスプロセスを構築し,継続的改善するための管理(アプローチ)なのです。


私なりにいろいろ考えると,

ISOと経営品質は似て非なるものとか,ISOを発展させてTQMだとか言ってること
自体にはあまり意味はなく,
これらは,学問上で考えたい人がまとめればいいのであって,

「本当にこの会社を良くしたい!」
「寝ても覚めても会社が気になって仕方ない!」
という,熱い想いのリーダーがいて,
リーダーシップを持って,企業体質を改善できる力を行使した結果,
課題解決やコアコンピタンスの強化につながっているのだと確信します。

どんなマネジメントシステムを使っても,どんなに概念を発展させても,
結局は使う側の責任者である「経営者の気持ちひとつ」です。


繰り返しますと,「リーダーの情熱」には企業体質を改善させる力がある。
それらの企業に,ISO学者が名前をつけたら,「超ISO企業」となった。
ただそれだけのこと…。

皆様はどうお考えですか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 知ったかぶりネタ教えます 〜ご隠居さんのちょいといい話〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ISO9000から品質経営へという話


上記の記事に関係するホームページと,書籍のお知らせをします。

これらを読むとかなり知ったかぶりできます。
でも,(−−; 凄いボリュームですけど…。


「ISO9000から品質経営へ」
http://www.tqm9000.jp/index.php4

  質経営といいながら,ホームページのタイトルは品質経営なんです…。
  中身を,つらつら見ていくと,経営品質実践企業とカブるのですが…。
  という疑問はさておき。

  なるほど〜。と読んでいると,
  ISO9000の可能性と利用できるものは使い尽くそう!という
  気持ち(意気込み?)は伝わってきます。


(財)日本規格協会から,「超ISO企業実践シリーズ1 ISOを超える」
を始めとして,合計10巻「超ISO企業実践シリーズ」発行されています。

超ISO企業実践シリーズ1 ISOを超える
http://www.bk1.co.jp/product/2576201/p-hina56226


このシリーズ10巻セットは,去る05年7月9日,超ISO企業実践シリーズとして
セミナーも開催されましたので,新しい概念と思われがちですが,
このシリーズ本の先駆けとして,「超ISO企業」とのタイトルの書籍が,
同じく(財)日本規格協会から03年6月出版されています。

超ISO企業
http://www.bk1.co.jp/product/2336543/p-hina56226

一読あれ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 与太郎さんのおすすめ書籍・メルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●無料メルマガ「ビジネス選書&サマリー」


デキるビジネスパーソンの新習慣!
最新ビジネス書はメールでサラリと!

私も読んでます!無料メルマガ「ビジネス選書&サマリー」

週に1冊厳選ビジネス書を,あらすじをメールでご提供します。あなたは,
メールチェックのついでに30秒ほど,目を通すだけ。週1冊,概要がつかめ
ます。時間もお金もかけず,読んだフリ!しましょう! 

もちろん,気に入ったらリンクをクリック,オンライン書店に直リンクされ
ていますので即購入できます。購入前のガイダンスにもお役立てください。

クオリティは折り紙つき!何せ「週末起業」でおなじみの経営コンサルタン
ト藤井氏が,クライアントの経営者に渡しているものなのです。

バックナンバーは書籍として出版され雑誌などにも多数転載されています。
読者は,他誌を圧倒する約30000人! 

詳細&登録→ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0C33+2V00FM+7HG+NXMIR 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日,息子の幼稚園の「親子運動会」がありました。

小学校の運動会は,子供だけが主役ですが,幼稚園の運動会は,保護者も出場
する機会が多く,一緒に楽しむ感じです。

今年のテーマは,「忍者」でした。

先生も子供も忍者の格好をして,忍玉乱太郎の曲に合わせて,忍者走り?で
登場(放送では,「壁伝いの術」とか言ってたかな?)して,忍者村で修行を
するところから運動会が開始されました。

かなり凝っていて,とても楽しかったです。
http://ohinasama.cocolog-nifty.com/hina/2005/10/post_447c.html

あ〜。幼稚園の運動会の大イベントが終わると,なんだか秋深まる…。
という感じです。親にとって息子の活躍は楽しみです。親バカです。
(*^v^*)でもかわいいから,しょうがない!(つける薬なし)


おあとがよろしいようで。。。


デデン!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ やさしく学ぶマネジメント 〜利益向上のヒント満載〜
───────────────────────────────────

[編集・発行] フューチャーマップス http://future-maps.com

[発行責任者] 大日向礼子(仕事の質改善コンサルタント)

[お問合せなど]info@future-maps.com

[ご登録・解除]http://future-maps.com/melmaga.htm

[メルマガ広告]http://future-maps.com/advertisement.htm

───────────────────────────────────

〓 メール登録者限定でお読みいただけるページ 〓

 http://future-maps.com/member
 ID:****** PW:******(メルマガに掲載)

───────────────────────────────────
* 本メールマガジンの無断転載は禁止します。ご利用の際はご連絡下さい。
 転送はご自由です。その際は内容を変えずにこのままお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Copyright(C) 2003-2005 Future MaPS All rights reserved.