メニュー

ホーム

メールマガジン

品質マネジメント

マネジメント

顧客満足(CS)

コンセプト

ミッションステートメント

事業内容

セミナー/勉強会

無料メンバーサロン

有料メンバーサロン


メルマガ(登録/解除)

メールアドレス(半角)

やさしく学ぶマネジメント
〜利益向上のヒント満載〜


 


著作物


やさしいシリーズ「TL 9000入門」 (共著)
日本規格協会
2004年6月/945円

電気通信業界向けの品質マネジメントシステムセクター規格「TL9000」について,初歩的な疑問への回答,概要,動向,認証取得作業など,関連事項をわかりやすく解説しています。


メールマガジン「やさしく学ぶマネジメント」

メールマガジン 「やさしく学ぶマネジメント」(登録・解除)

メールマガジン項目(こんな内容で発信しています)

メールマガジンバックナンバー一覧

メールマガジンへのご意見・ご要望送信フォーム

広告掲載のご案内(無料相互広告・有料広告)

メールマガジン 「やさしく学ぶマネジメント」(登録・解除)

「やさしく学ぶマネジメント」のメルマガページへようこそお越しくださいました。

トップページはご覧になって戴けましたでしょうか?是非ご覧になって下さい。
また,コンセプトもご覧になって戴けると,私がどうして,メルマガやホームページを作ったか分かります。

このメルマガは,「マネジメントの考え方やツールをできるだけやさしく学びたい」という方に向けて発行しています。

やや砕けた表現のメルマガですが,内容も,執筆者本人も,いたって大まじめです。

本当に,ISOを経営に役立てられるよう,少しでもISOを活用する皆様のお役に立てるようにと,真剣に考えています。ISOに振り回されて精神的に落ち込んでいる推進者を救いたい。本当は役に立つISOを知って欲しい。

マネジメント全般をテーマにメルマガを執筆していますが,基本となるのはISO 9000だと考えています。CMMだ,CSRだ,PMだと言っていても,そのマネジメントシステムのトップにあるのが,ISO 9000です。

ISOに使われるのではなく使いこなして業務改善・意識改革をして欲しいと,本当に心から思っています。

メールアドレスを登録しても発行者からは見えない形式になっています。
お好きな発行スタンドでお申込下さい。

まぐまぐ (マガジンID:0000118792)

メールマガジン登録 メールアドレス(半角)

メールマガジン解除 メールアドレス(半角)


メルマ (マガジンID:00100736)

メールマガジン登録 メールアドレス(半角)

メールマガジン解除 メールアドレス(半角)

△ Return to the Top

メールマガジン項目(こんな内容で発信しています)

外部圧力で,ただ闇雲にISOを取得するというのではなく,もっと積極的に捉えて,仕事の質を改善し利益向上 につなげて欲しいと思っています。

日常の何気ないことがマネジメントのヒントになることって結構あります。
見逃してしまえば,なんてことないという事例でも, いつも「ISOではどう捉えるか」,「マネジメントの視点ではどう見るか」,考えることが大切です。

このメルマガでは,自然に楽しみながらマネジメントの考える力が付くように工夫しています。

タイトルは以下に掲載しています。見たいメルマガがすぐ探せます。
→ メールマガジン 「やさしく学ぶマネジメント」(最新号)

こんな内容で発信しています 。

 ・読者の皆様 〜ちょっと素敵なお便り〜
 ・与太郎さんのおすすめ書籍
 ・今週の枕 〜身近で見つけたちょっと気になるマネジメント〜
 ・八っつあん熊さんにも分かる 基本のき 〜ISOのお噺(はなし)〜
 ・今週の現場 〜現場のちょっと泥臭いお話〜
 ・知ったかぶりネタ教えます 〜ご隠居さんのちょいといい話〜

△ Return to the Top


メールマガジン 「やさしく学ぶマネジメント」(バックナンバー一覧)

バックナンバーは,下記に一覧で掲載しています。
日付にリンクを張っている部分は,内容を見ることが出来ますので,ご利用下さい。
タイトル表示をしていますので,メルマガスタンドで閲覧するより見やすく工夫されています。

メルマガ読者限定企画などもございます。
是非,メールマガジン 「やさしく学ぶマネジメント」(登録・解除)にて,ご登録のうえお読に頂けると幸いです。

皆様にお役に立てる楽しいメルマガの発信に向けて,日夜,マネジメント面白ネタを探しています。
ご意見・ご要望 を頂けると発行者としても嬉しいです。皆さま,メールマガジンへのご意見・ご要望をお寄せ下さい。

△ Return to the Top

やさしく学ぶマネジメント 〜利益向上のヒント満載〜

2014/12/09 第118号

営業の力量を考える/あなたは組織の状況を理解しているか?

2014/09/16 第117号

外部監査と内部監査の違いは何だと思いますか?/

内部監査員の力量をどうやって引き上げればいい?

2014/07/17 第116号

付属書SL(Annex SL)のHLS(High Level Structure)とは?

2014/06/03 第115号

マネジメントは俯瞰的に仕事の質を考える/ISO 9001の改正に関する今後のスケジュール

2014/04/01 第114号

人々の参画は,目的目標を理解してこそ参画である/自分の職場をどう育てたいか考えているか?

2014/02/17 第113号

組織の価値観と個人の価値観/企業価値を生み出しているのは従業員である

2014/01/07 第112号

上司と部下の信頼関係が仕事を加速させる/コミュニケーションの3R

2013/11/11 第111号

価値ある品質ってなんだろう,顧客の目線だと分かる/

ISO/CD 9001:2015はDIS作成のステージへ/グローバル調達のマネジメントの肝は?

2013/09/09 第110号

プロスポーツはサービス品質を重視しCS向上/外部審査で有効性は審査できているのか

2013/06/28 第109号

トップはコミュニケーション能力が不可欠/挨拶はコミュニケーションの基本/
内部監査は外部監査の真似ではもったいない

2013/04/03 第108号

品質マネジメントの原則(QMP)の改正について/内部監査員こそ報連相が大事

2013/02/18 第107号

お客様は何を欲しているか考え行動できるか?/サービス提供を製品として監査する

2013/01/07 第106号

後継者プランを考えていますか?/QMSでどこまで文書管理を規定するべきか

2012/11/13 第105号

組織の力量と個人の力量/パースペクティブ・テイキングを内部監査に活かそう!

2012/09/18 第104号

審査員の質について改めて考えてみた/部下をアクノリッジメント(承認)していますか?

2012/07/25 第103号

この人についていきたいと部下に思わせるリーダーになる/お客様の期待も要求事項なんです

2012/06/12 第102号

内部監査ガイドラインの中身を知ろう!/認証取得の目的と効果と内部監査/外部審査

2012/03/12 第101号

内部監査と場のマネジメント/誰もが会社の顔になる

2012/01/10 第100号

目標を立てる意味と効果/部分最適ばかり考えると結局薄利になる/
文書管理を不適合とするか指摘に留めるかの判断は?

2011/11/25 第099号

人を育てるという意味/内部監査をスムーズに進めたい(プロセスを追う)

2011/09/12 第098号

リーダーに求められる資質やリーダー像とは/製品の保存の静電気の対策は?

2011/07/19 第097号

強い企業は「現場力」すなわち“人財”がある!/データを元にしたワーププロセス・組織の改善

2011/05/27 第096号

全員経営が培われる企業風土はトップが守る/ホスピタリティな従業員を育てる経営と魅力ある職場

2011/03/28 第095号

ジャストインタイム生産方式とリスクマネジメント/微妙に惜しいCS(顧客満足)対応

2011/02/21 第094号

「信頼する力」は日本特有の組織力だと思う/コストを品質目標に入れるか否か

2011/01/07 第093号

目標管理はKPI(重要業績評価指標)が決め手です/
目標管理は経営全体で考える方が効率がいい

2010/12/06 第092号

製品に関連する要求事項を明確化しよう/審査員の質について思う

2010/09/21 第091号

「内部監査」の深耕化を図ろう/変えるリスクと変えないリスク

2010/07/26 第090号

会社が社会に存在する意味を見出すために必要なこと/
部下への叱責はコミュニケーションスキルを試す場

2010/05/28 第089号

何事も「心」を知れば結果は違ってくる!/PDCAサイクルと内部監査

2010/03/24 第088号

リーダーの役割で「支援」は大切なこと/「ISO認証の信頼性向上」で何を目指すのか?/
監視と測定はISOの観点から何が違うのか

2010/02/01 第087号

是非「内部監査」を経営改善に活かそう/口コミ情報を有効活用しないとパイは広がらない

2009/12/28 第086号

QMSを使って文書化する意味を考えてみよう/
リーダーの目指すべき目標がぶれないと部下はついてくる/
プロセスアプローチ・システムアプローチを実践するためには/ちょっと呆れる審査員の行動

2009/11/04 第085号

プロセスには様々なレベルがあることを理解しよう/
製品実現のためにどういう記録を維持すれば良いのか?/引用規格は適用の対象

2009/09/14 第084号

QMSの構築・実施・改善にプロセスアプローチを活用しよう/
サービス業の品質マニュアルの作り方って?/
サステナブルサクセスはそこに働く人間が達成するもの

2009/07/29 第083号

アウトソースしたプロセスは自社のQMSの中で管理が必要!/
追補改正は自社の仕組みを改善するチャンスです

2009/05/18 第082号

大事なのは結果!“Output Matters”の意図を知ろう/お客様に一番近い営業部門をQMSに巻き込もう

2009/04/06 第081号

まずは「JIS Q 9001:2008」をじっくり読んでみよう!/戦略的思考は実は危ないという説

2009/01/26 第080号

今こそ土台をしっかりした経営をしよう/成果を上げるリーダーの思考/
50点スタートで良いのは改善であり計画ではない

2008/11/25 第079号

組織の価値は外部が決めるもの/内部監査員の力量不足は機会損失を生む

2008/10/08 第078号

「顧客重視」に勝る経営原則はない/組織は顧客に依存する

2008/08/31 第077号

チームワークの持つ素晴らしさ/戦略的思考は実は危ないという説

2008/07/30 第076号

経営者のスタンスがその会社の血となり肉となる/
知的資産経営に役立つISO 9001/監視と測定は何が違うの?

2008/08/30 第075号

是正処置はいつクローズすればいいの?/契約受諾前に能力確認をすることの大切さ

2007/02/29 第074号

アウトソースと購買の管理の考え方は?/QMSの構築と効果的な内部監査

2008/04/10 第073号

自分がそのポジションで何をするべきか考えてる?/
上司も部下も十人十色・百人百色/コーチング・コミュニケーション情報

2008/02/29 第072号

海外調達のサプライチェーンは難しい/部下は密かにストレスを溜めている

2008/01/31 第071号

トップの意識が変わらなければ/改めて思う「クレームは宝の山」という意味

2007/12/26 第070号

消費者として自分の目で確かめることも必要かと/
自分が社長として会社をどのようにしたいのか?/
経営学の前に,モラル,価値観の「しつけ」だ!/内部品質監査員の教育について

2007/11/21 第069号

地に墜ちた経営を見て思う/経営者のリーダーシップについて考える/
経営者のコミットメントはトップとしての決意

2007/09/30 第068号

そこに全体的な整合性があるか/リスクマネジメントをQMSに取り込んでみる

2007/08/28 第067号

ファンかアンチか選択権は顧客にある/「購買製品の検証」の考え方

2007/07/31 第066号

お客様だから感じる不親切なカスタマーサポート/
聞けないことはネットを活用しよう!/「ストーリービジョン」という経営手法

2007/06/26 第065号

リーダーシップで一番必要な考え方は「権限と責任」/
ホームセンターの品質と対応はCS低い?/「君に成功を贈る」は大好きな一冊

2007/05/31 第064号

良いリーダーシップを発揮できる人とは?/経営者のリーダーシップ

2007/04/23 第063号

会社経営の根源となる質問に対する答えを持っているか?/

ISO9001/ISO9004の生い立ちに触れる

2007/03/26 第062号

ゴールに向かって組織の力を束ねる「リーダーシップ」/

自分の「リーダーシップ」のスタイルを見つめてみる

2007/02/26 第061号

「顧客ニーズの把握」が 経営改善・強化の鍵となる/

「顧客の期待を超える努力」をしたクロネコヤマト

2007/01/29 第060号

「顧客重視」の経営で顧客の期待を超える努力をする

2006/12/08 第059号

会社にとってどのような人材になりうるかが大切/

半田を事例にした品質MSと環境MSの融合のお話

2006/11/16 第058号

手段が目的になってしまうのはどの局面でも要注意事項/
権限委譲のポイントは,委譲する側の能力(洞察力)で決まる/
供給者は素敵なパートナー「供給者との互恵関係」/現代(いま)だからこそ読むべき「モモ」

2006/10/26 第057号

「よい企業とは向社会的企業である」という考え方/「良心ある企業」の見わけ方/
経営とは理屈ではない。経営とは実践である。/組織には必要なものがあって,必要な要素がある。

2006/10/11 第056号

ステークホルダーとしての従業員/経営者の“お客様に対する姿勢”が現場で見える

2006/09/19 第055号

顧客所有物の認識範囲が狭いかも…。/CSR活動は投資かコストか/顧客を超える経営者たち

2006/08/17 第054号

サプライチェーンからCSRを見つめる/CSRの基礎知識と日本と海外の考え方の違い/
ブランドとレピュテーション

2006/07/13 第053号

CSRについてあれこれ考えてみる/

効果的な意思決定「意思決定への事実に基づくアプローチ」(原則7)

2006/06/20 第052号

持続と破壊と顧客重視と意思決定の狭間で…。/

スタッフ部門の人間がするべき役割とはなんだろうか?

2006/05/31 第051号

人財を活かすのが経営者の役割だよね/マネジメントって何だろう?改めて考えてみる

2006/05/18 第050号

うちでもスタッフ部門の人材開発は課題です/ISO 26000 社会的責任の国際規格の動向

2006/04/28 第049号

製品品質に影響がある仕事に従事する要員は?/力量を明確にするためのマップを作ってみては?

2006/04/05 第048号

マネジメント層は自分に続く人財を育成すべき/組織の永遠の目標!?「継続的改善」(原則6)

2006/03/22 第047号

管理部門やプロジェクトリーダーの役割って/花王の「知」って何だろう。少し分かるかも

2006/02/27 第046号

サービスの作業品質をはかるインジケーターは?/「プロセス」と「タスク」で考えてみる

2006/02/13 第045号

サーバントリーダーシップという考え方/

石田梅岩とCSとCSR/二宮金次郎は優秀なファンドマネージャー

2006/01/23 第044号

部下がやる気を出す理由は?/ISO 9001で型にはめないで下さいね…。/
ファイナンシャル・インテリジェンスを楽しみながら学べる

2005/12/25 第043号

品質目標の立て方のコツってありますか?/はじめてのプロジェクトマネジメント

2005/12/15 第042号

何のための教育計画なの?HRMを考えようよ。/いまさら聞けない「文書と記録の違い」

2005/11/30 第041号

内部監査員は信念と情熱をもって監査に挑もう!/
システムとして管理「マネジメントへのシステムアプローチ」(原則5)

2005/11/17 第040号

あなたは部下の話を聞いてあげられますか?(コーチングのお話)/
内部監査お助けツール(part1:内部監査員の質チェック)

2005/10/31 第039号

「リーダーの情熱」だ!と感じる瞬間は…。/ISO9000関連資料を読んでいると出てくる略語の解説

2005/10/17 第038号

「リーダーの情熱」には企業体質を改善させる力がある/
ISO9000から品質経営へという話

2005/09/29 第037号

自分リスクマネジメントで自分を守ろう/目下の興味は「超ISO」と「統合マネジメント」/
中小企業の内部監査員の方へお手紙

2005/09/14 第036号

経営者の皆様。内部監査員は生き生きしてますか?/病院もサービス業。顧客満足考えてます。

2005/08/22 第035号

規格を使いこなして自社商品に付加価値をつける/ディズニーの感動品質にちょっと触れました

2005/07/28 第034号

規格を使いこなして効果をあげる/

TR Q 0005及びTR Q 0006(クォリティマネジメントシステム)

2005/07/11 第033号

トップの情熱で会社は変われる!/知っておこう「マズローの欲求段階説」

2005/06/10 第032号

良いリーダーはナカナカいませんね…。/主役はキミたち,責任は…。

2005/05/17 第031号

良いリーダーってどんな人?/リーダーとはどうあるべきかがきっとつかめます

2005/04/15 第030号

成果主義と社員のやる気の関係って…。/品質マネジメントシステムの効果的な内部監査

2005/03/17 第029号

3トリ症候群はコミュニケーションの病気?/笑うおばあさん・笑わないおばあさん

2005/02/28 第028号

“サンとり症候群”の人が多い日本企業!?/
品質を作り込むプロセスに注意をはらう「プロセスアプローチ」(原則4)

2005/02/14 第027号

「とりあえず…」は日本人らしい!?/“お客様の声”がなかなか内部に浸透しない!他/
TR Q 0005とTR Q 0006 の改定の動き

2005/01/27 第026号

琴線に触れた言葉 利益につながらないCSはない/
クレームは信頼関係アップのチャンス/「京都議定書」が2005年2月16日いよいよ発効

2005/01/07 第025号

プロジェクトって響きはかっこいいけれど…。/
「ヤクザに学ぶ指導力」直接学べないから本から学ぼう!/
代表企業における品質マネジメントシステムと効果的な内部監査

2004/12/10 第024号

一人二役は自家中毒になる?/既成概念を打ち破る

2004/11/19 第023号

安定で有効なシステムを目指そう。/習慣を少し変えるだけで人生が変わるんです。/
コンサルタントをうまく使おう!諸刃の刃だよ。

2004/10/27 第022号

なにげなく使っている外来語「システム」って?/「生き方」人間として一番大切なこと/
人は組織の根本的要素です「人々の参画」(原則3)

2004/10/01 第021号

コミュニケーションにも質があるんですね!/
プロジェクトの成功は,メンバが幸せと思うこと。/絶対必要「リーダーシップ」(原則2)

2004/09/03 第020号

コミュニケーション能力は絶対不可欠ですっ!/何はともあれ「顧客重視」(原則1)

2004/08/18 第019号

売れる営業になるマネジメント/品質マネジメントの原則ってなんだ?

2004/07/20 第018号

サービスは提供したらやり直せないから真剣だ!/品質マネジメントの8原則を使おう!

2004/06/28 第017号

ISOは取る規格ではなく使う規格だ!に同感。/ISO9001の2000年版理解度テスト

2004/06/08 第016号

ISO 9001はマネジメントシステムになったけど…。/ISO 9001は下請け泣かせか!?/
日本ものづくり大国の復活-ISOで勝ち残る-のPDFがアップされました。

2004/05/11 第015号

サービス業だって設計・開発してるよ〜。/なんでひとつになったの?監査のための指針

2004/04/26 第014号

CSはギンギラギンにさりげなく…プロです!

2004/04/06 第013号

監査員の言動は被監査職場に与える影響が大きい!/
TC176/SC2の「ユーザーフィードバック調査」のお願いです(続報)

2004/03/10 第012号

Quality is never an accident. 運命は決まってる!?

2004/02/09 第011号

日本企業はもっとISO9001を使った方がいい!/
書籍になってお得です!「QMS−持続可能な成長の指針/自己評価の指針」

2004/01/22 第010号

目標をレビューすることはとても大事ですっ!/TC176/SC2からアンケートのお願い

2003/12/19 第009号

従業員はかずがい/日本ものづくり大国の復活-ISOで勝ち残る-

2003/12/15 第008号

ウォンツにジャストミートを目指す!/経営ビジョンはトップマネジメントの願望の集結!/
ISO嫌いはQCサークルのトラウマか?

2003/12/05 第007号

いろいろな視点と考え方を戴きメルマガ脱皮大作戦!/
ビジョンを明確にして従業員に熱く語る!経営者の役割です。

2003/11/25 第006号

目標達成の方法。それは…。/マネジメントシステム監査のための指針って?/
JIS Q 9001とISO9001はどっちがお得?

2003/11/17 第005号

コミュニケーションの阻害要因。自分の態度を変えてみる/
パフォーマンス改善の指針って?/マルコムボルドリッジ国家品質賞(MB賞)

2003/11/07 第004号

キーワードは「環境技術」ですっ!/要求事項って?/CSR(企業の社会的責任)

2003/10/28 第003号

消費者心理を利用する。くすぐられてますっ!/
品質マネジメントシステムの種類/環境から見たコミュニケーション

2003/10/22 第002号

記憶力減退したら困りますっ!情報は正しく伝える/ISOは非政府組織/TC176って?

2003/10/16 第001号

お茶漬けと沖漬け(一字違いで大違いですっ!)失敗を未然に防ぐ/
ISOってなんだ?/コンサルタントを選ぶ時

△ Return to the Top


メールマガジン 「やさしく学ぶマネジメント」(ご意見・ご要望送信フォーム)

メルマガへのご意見・ご要望など以下のフォームにてお送り下さい ますようお願いします。

ISOやマネジメント関連でおしゃべりしたい方大歓迎です。
内容により,メルマガへ採用させて戴きます。その際は,内容のご確認・許諾確認など事前にさせて戴きます。
どうぞ忌憚ないご意見をお待ちしております。ご気軽にご連絡下さい。

うまく送信できない,3日経過しても返信がない場合は,ネットワーク環境などで送信されていない場合があります。 その際は,お手数ですが,同じ内容を次のメール宛てに送信して下さい。 info@future-maps.com

お名前

 (本名・ハンドル名など)

E-mailアドレス

 半角英数字

ISOなどのご質問,メルマガのご感想など
(お願いします。皆様の一言が活動の糧になります。)

各種マネジメントシステムを推進する立場にありますか?

(読者層確認のため正確に選択してください)

QMSを推進する立場にある(経営層,管理責任者)

QMSを推進する立場にある(事務局,推進メンバー等)

EMSを推進する立場にある(経営層,管理責任者)

EMSを推進する立場にある(事務局,推進メンバー等)

統合MSを推進する立場にある(経営層,管理責任者)

統合MSを推進する立場にある(事務局,推進メンバー等)

その他MS (ISMS,安全衛生他)を推進する立場にある(経営層,管理責任者)

その他MS (ISMS,安全衛生他)を推進する立場にある(事務局,推進メンバー等)

推進する立場ではない

△ Return to the Top

個人情報保護ポリシー]  [リンクポリシー] [著作権について

Copyright (c) 2003-2015 Future MaPS All rights reserved.